· 

末岡恵実

掲載号【201901】


  • 使っている素材(画材・道具・器具など)を教えてください。

ミリペン、色エンピツ、水彩

 

  • なぜ、その素材を使うのですか。

細かい作業ができるから

 

  • 制作上でのこだわりはありますか。

線を丁寧に書くこと

 

  • 作品を作る上で心がけていることはありますか。

余り決まりきったものにならないよう、自由に描くようにしている

 

  • インスピレーションを受けるもの、受けたものはありますか。

江戸時代の絵

 

  • 制作に影響を受けたと感じる出来事などがあれば教えてください。

海外絵本の研究をしていた時に、絵と文の素晴らしいコラボを見て、こんなものが作れるといいと思った

 

  • 制作に行き詰まった時にすることは何かありますか。

散歩する

 

  • 好きな作家はいますか。

絵本作家のバージニア・リー・バートンとトーベ・ヤンソン

 

  • 制作を始めたきっかけは何ですか。

手作り絵本の講座を受けたこと

 

  • 最終的に目指しているものはありますか。

50年、100年後も楽しめる絵本を作ること

 

  • もう作家はやめよう、と思ったことはありますか。

ないです。基本的に楽しみながら描くようにしているので

 

  • 生まれ変わったらまた作家になりますか。

なりたいです。もっと早い時期から始めたい

 

  • あなたにとって作品をつくることとはどういうことですか。

人生そのもの

 

  • 最後にプロフィールなど。 

イラストは高校時代から描いていて、大学の文学科で絵本の世界を知り、その後手作り絵本の世界に出会い、手製本の絵本を作り始める。
2013年に地元戸塚で手作り絵本の会「絵本工房 にじろいろのたね」を立ち上げて、イベントなどに出品している。読み聞かせの会「森の絵本ひろば」にも所属していて、図書館や保育園で読み聞かせの活動をしている。
2010年に芸象文学会に入会、「新芸象」にエッセイを載せたり、グループ展に額絵や絵本を出品している。
ギャルリーソレイユで2015年、2017年に個展。